.to


DCN
独自ドメインサーバーだけではなく、接続からBlogまでをトータルで提供しています。低価格かつメールによる親身なサポートが大好評です。
www.dcn.jp


ASP i-do
ユーザー定着率99%以上を誇る高速、多機能なレンタルサーバー。ショッピングカートなどの装備など、プラスαのサービスが魅力的です。
www.i-do.ne.jp

HOME
パスワードの再発行(再告知)はこちら
よくあるご質問はこちら

Toドメイン各種設定変更
ドメイン登録者の情報(顧客情報)の変更
本国からの通知メールが送られて来るメールアドレスなど、各種ドメインのオーナー情報を変更します。

ネームサーバー情報(DNS情報)の変更
DNS の設定、変更をします。なお、変更された設定が有効になるには変更後約48時間必要になりますので、ご注意下さい。

各種パスワードの変更
マスターパスワード、DNS パスワードの変更をします。

ドメインの削除
ドメインネームの削除をします。間違えて削除しても取り消しできませんのでくれぐれもご注意ください。


【変更についての補足事項】
▼ 2種類のパスワードについて
TONIC では、完全に自動化された Web 上のシステムにより、各種登録、変更、削除が行えるようになっています。  その変更の為に、「マスターパスワード」と「DNSパスワード」の2種類が用意されています。
「マスターパスワード」は顧客情報など重要な設定に関わるもので、他人には絶対に知らせるべきではないものです。
もうひとつの「DNSパスワード」は、ネームサーバーの登録、変更だけに使用します。 この「DNSパスワード」はドメインの運用をプロバイダーに委託している場合に、そのプロバイダーへこの「DNSパスワード」だけを知らせます。 依頼を受けたプロバイダーは、この「DNSパスワード」を使用してネームサーバーの設定を行う事が出来ます。

▼ ネームサーバー(DNS)の登録について
TONIC では、完全に自動化された Web 上のシステムにより、DNS の登録が行えます。 DNS の登録には、ドメインを取得する時に指定された「DNSパスワード」を使用して変更をします。 登録および変更は上記より日本語で行えます。
DNS の登録に際して、ひとつの「プライマリー・ネームサーバー」とひとつの「セカンダリー・ネームサーバー」の最低限2つのネームサーバーが要求されます。 「セカンダリー・ネームサーバー」は必要に応じて複数設定できます。
複数の設定をされていない場合は、空欄にしておいて結構です。

▼ whois データベースの扱い
TONIC ではそのドメインの運用情報以外の、プライベートな情報は公開しておりません。今後、事務局ではご希望の方にのみ任意でウェブページのご案内をさせていただきます。
ただし、私どもでは、Whoisによく似たサービスをウェブ・ベースで提供しています。このサービスでは、顧客名を明らかにせずに、DNSやドメイン・ネーム情報をリストアップします。例えば、http://www.tonic.to/whois?tonic.toにアクセスして、"tonic.to"についてどんな情報が見られるかを試してみて下さい。

▼ ドメインを第三者に譲渡するには
ドメイン・ネームを譲渡するためには、まず現在の所有者がご自分のドメイン・ネームを消去し、次に新しい所有者が新規ドメイン名として登録していただくことになります。 お二人の間での消去と登録のタイミングを調整する必要があるかもしれません。 あなたのMaster Passwordを絶対に第三者に教えないでください。 Master Passwordを知っている方以外にはドメイン名を譲渡することはできないからです。 つまり、その方法によってのみ、あなたのTonic Customer Handleの下で登録されているすべてのドメイン名を再登録できるからです。


パスワードの再発行(再告知)はこちら
よくあるご質問はこちら